ニキビ跡治療

美容皮膚科のニキビ治療

ニキビ跡治療を皮膚科でやる際の注意点

 一度できてしまったニキビ跡はなかなか
完治させることができず、よりしっかりと
確実に治したいというのであれば、皮膚科で
しっかりと治療を進めることが重要です。


ただしかし、ニキビ跡治療というのはやはり難しいものです。

ニキビ跡治療を完治させるには、皮膚科であっても
注意点を考えておく必要があります。


ではその注意点は何かというと、最も大切なことは
「医師から支持されたことをしっかり行う」ということです。

ニキビ跡

 

皮膚は非常にデリケートなもので、治療を
している間は外用薬や内服薬といったような
薬で治療をしていくことになりますし、そこで
食事に関する指導が行われることもあります。


普段の食事があまりにも不摂生だったり、喫煙や飲酒が
度を過ぎているということになると生活改善から
行っていかなくてはならないこともありますから、
ニキビ跡を綺麗に治したいのであればしっかりと
皮膚科の指示に従うことが大切なのです。

ニキビ跡をきれいにするために行われている治療


結果が出るまでには時間がかかるということもありますから、
根気強くしっかりと、誘惑に負けないようにして
ニキビ跡治療に当たるようにしましょう。


治療に入る前にこのような正しい知識を身につけておくことも重要です。
近くの皮膚科や美容外科を頼っても、自分が何も知らないことで
治療に関するストレスなどが生じる可能性もあります。

 

また、施術師から正しい情報を教えてもらい、スムーズな
コミュニケーションを取ることで、適切なケアが行えると言えるでしょう。

 

飲酒の適量を知って健康を保とう!厚生労働省の見解から見る適切な飲酒量

酒は「百薬の長」という言葉があるように、飲むことで体に良い効果があることは確かです。
一方で飲みすぎれば、薬どころか毒にもなります。たとえば肌の水分を奪って乾燥肌に変えてしまうのでニキビができやすくなります。

正しくお酒を飲むためには、程よい量に抑えることが大切です。
でも、酔えば気持ちよくなってついつい飲みすぎてしまうことは珍しくありません。
そんなことにならないように、適度な飲酒量を知る必要があります。 医学的に、健康的に飲酒が出来る適量はどのくらいかと言うと、厚生労働省が出した「健康日本21」という方針によると、「節度ある適度な飲酒」は1日平均純アルコール量で約20グラム程度としています。

なぜこの量が適量なのかと言うと、ビールにすれば500ミリリットルの缶が1本、日本酒ならば1合、缶チューハイで1本くらいです。
よくお酒を嗜む人であれば、その何杯も飲むでしょうが、体に相当無理をさせていることになります。

なぜその程度の量しか飲めないのかというと、アルコールというのは酔えば気持ちよくなりますが、そもそも体にとっては異物です。
しかも分解をする過程で、二日酔いの原因であり有毒なアセトアルデヒドにもなります。
代謝能力が高ければ、無毒な酢酸に変えることができますが日本人は欧米人よりも劣っているためにすぐに酔っ払うし二日酔いにもなりやすいです。

アルコールの代謝能力は個人差がありますから、人によっては純アルコールで20グラム未満でも意識を失ってしまうことがあります。
それに年齢を重ねれば、さらに体の機能が衰えるので代謝能力は低くなります。

厚生労働省の「健康日本21」はあくまでも方針であり、法律ではありません。
飲酒運転をすれば罪ですが、飲みすぎに罰則はありません。だから無視してもよいのかというと、飲酒量と死亡リスクについての調査によると、適量を超えれば男女ともに死亡リスクが高まるという結果が出ています。

命を縮めてまでお酒を飲みたいというならば自己責任で飲めばよいでしょうが、健康のことを気にするのであればやはり厚生労働省の出した適度な飲酒量は守るべきです。
もし、毎日飲みすぎてしまうというならば、依存症になっている可能性もあります。
そんなときには依存症の治療を行っている病院にいって改善したほうがいいです。

それを踏まえてお酒を飲むときに気をつけたほうが良いことは、空腹だと胃腸の粘膜を荒らすので食事をしながらの飲酒をしましょう。
あとアルコール度数の高いお酒はすぐに純アルコール量が限度を超えてしまいますし、体に掛かる負担も重くなるので薄めて飲むようにすることです。
週に2日程度は、お酒を飲まない休肝日を設ければ健康を維持しやすいです。